デジタコ導入時に活用できる補助金情報

デジタコの導入費用を最大50%補助!

デジタコ導入時に各種団体が実施している補助制度を利用し、デジタコ導入時の費用を軽減できる場合があります。 各種補助金制度の中で最も規模が大きいPCKK補助金※1では、導入費用の50%もの補助を受けることができます。

※1:
国土交通省がトラック輸送における省エネ化推進事業として行っている補助金制度で、事務局をパシフィックコンサルタンツ株式会社(PCKK)が委託されています。

富士通クラウドデジタコはPCKKシェア50%

富士通のクラウドデジタコは、PCKK補助金を利用してデジタコを導入する事業者様の約半数に選ばれています。

※2021年度「トラック輸送の省エネ化推進事業」の交付額公表値を元に当社集計

PCKKの令和3年度(2021年度)補助金事業は既に終了しています。

補助金利用導入の
シェア50%

令和4年度情報(2022年度)

2022年度の「トラック輸送における省エネルギー化推進事業」は、令和3年12月(2021年12月)の政府の来年度予算概算要求に41億5000万円の予算が盛り込まれました。金額は今後の国会審議を経て確定することになります。 対象製品や対象範囲、1件あたりの補助額については、現時点では未確定ですので、今後の情報をお待ち下さい。

概算要求での予算規模は、令和3年度と同等でした。
・令和3年度(2021年度)予算額:41億5,000万円(実績)
・令和4年度(2022年度)予算額:41億5,000万円(概算要求)

※:2021年度まで本事業を請け負っていたパシフィック・コンサルタンツ株式会社(PCKK)が経済産業省から令和4年6月13日まで指名停止を受けている影響で、令和4年度は本事業の公表が例年より遅れています。
経済産業省 - ニュースリリース(2022年4月7日)

2022年6月27日更新:

2022年6月24日に、経済産業省から令和4年度(2022年度)の補助金執行団体が『パシフィックコンサルタンツ株式会社』に決定された旨の発表がありました。 詳細は経済産業省のウェブサイトでご確認下さい。

補助金を上手く活用して、デジタコを効果的に導入しましょう!

補助事業を活用することで、対象デジタコを導入する際に最大半額の補助を受けることが出来ます。

メールアドレスをご登録頂くことで、最新の情報をメールマガジンにてお送りいたします。

お問い合わせ
トップへ戻る