ホーム > 企業情報 > 理念 > コンプライアンスライン

コンプライアンスライン

トランストロンは、コンプライアンス遵守を徹底するため、富士通グループの各種コンプライアンスラインと連携し、問題の早期発見に努めております。

お取引先コンプライアンスライン

トランストロングループの役員・従業員が調達活動に関して、コンプライアンス違反行為をした場合、または、その疑念がある場合には、「お取引先コンプライアンスライン」通報受付専用フォームに所定の事項をご記入のうえ、通報戴きたくお願いいたします。
なお、個人への誹謗・中傷についての通報は固くお断りいたします。
  1. 対応部門:
    富士通グループ窓口:富士通株式会社 リスクコンプライアンス総括部
    社外窓口:さくら法律事務所
    ※社外窓口:通報者が特定できない形にした上で法律事務所から富士通グループ窓口へ連絡が入る仕組みです。
  2. 注意事項:
    • ご通報者の勤務先名・氏名・所属部署名をご明示ください。
      ただし、どうしても勤務先名・氏名等を明らかにしたくない場合は、社外窓口にその旨を伝えて戴ければ、ご通報者が特定されないかたちで社外窓口から社内窓口に連絡いたします。
    • ご通報者の個人情報は、ご本人の承諾を得ない限り、対応部門以外の部門には開示いたしません。
  3. 対応方法:
    ご通報戴きました内容の事実関係を確認、調査のうえ、速やかに対応いたします。
    ご通報戴きました内容の事実確認や、ご通報内容が事実であることを裏づける資料・データのご提供等を依頼するため、対応部門からご通報者に連絡させて戴くことがございます。
    対応結果につきましては、必要に応じてご通報者に連絡いたします。
  4. 不利益取扱いの禁止:
    「お取引先コンプライアンスライン」においては、通報したことによって、ご通報者、およびその勤務先に対して不利益な取り扱いをすることを禁止しています。
<お取引先コンプライアンスライン>
(クリックすると、富士通グループ「お取引先コンプライアンスライン 通報受付フォーム」へ)

コンプライアンスライン

トランストロン全社員からの内部通報・相談を受け付ける制度として、富士通グループのコンプライアンスラインを活用しています。

この制度は、業務を遂行する際、社員がFUJITSU Wayに定められた行動規範に照らして判断に迷った場合や違反の疑いがあると思った場合に利用するものであり、ハラスメントから国内外の法令違反まで幅広く通報・相談を受け付けています。トランストロンでは、同制度がグループ全社員に周知されるよう、ポスターやウェブサイトなどを利用した周知活動に継続的に取り組んでいます。
ページの先頭へ