コラム

バスにもデジタコが必要!?どんな機能があると便利?

バスに求められるデジタコについてご紹介いたします。

  • デジタコ
  • 運行管理
  • バス事故
バスにもデジタコが必要!?どんな機能があると便利?

近年、トラックだけでなくバスにもデジタコが必要とされています。ただしバスによってはデジタコがなくても問題ないとされているものもあり、区分をよく理解して備えておきましょう。今回はバスに求められるデジタコについてご紹介いたします。

バスに求められるデジタコ

デジタコとは、「デジタル式運行記録計」のことであり、走行時間や距離、速度といった運行にかかわるあらゆるデータを記録します。運行記録計自体を「タコグラフ」といい、平成10年以前からあるタコチャート紙に記録するものは「アナログタコグラフ(アナタコ)」と呼ばれていました。
近年導入がすすめられているデジタコは、バスに取り付けることでドライバーの安全運転や勤怠状況を確認できるほか、事故の発生を予防できるとされています。

デジタコが必要なバス

デジタコおよびタコグラフは、100kmを超える定期運行、あるいは不定期運行をする路線バスへの設置が義務付けられています。すべてのバスに必要とされているわけではなく、走行距離に応じて義務化されています。

バスにデジタコが求められる理由

バスには日々多くの乗客が乗るため、当然安全な運転が求められます。デジタコには、バスの急発進・急ブレーキなどの危険運転もデータに残り、運行管理者の現状把握やドライバーへの評価に役立てられます。実際、デジタコを導入したことでドライバーの安全運転促進が図られ、事故の発生を抑えられたというバス会社も少なくありません。

バスのデジタコであると便利な機能

先にも触れた通り、デジタコには運行管理という側面もあり、さまざまな機能と連動しています。リアルタイムで記録されたデータは、通常の入力業務の効率化を図るだけでなく、ドライバーや乗務員の質の向上にも役立つでしょう。
以下で人気の機能を紹介しますので、デジタコ導入時の情報としてお役立てください。

ドラレコと連携できるもの

ドライブレコーダーはバスにとっても重要な機能ですが、運行終了後のみにしか映像を確認できないことが、悩みの種になっているようです。通信型のドラレコと一体化したデジタコであれば、瞬時に映像をチェックし、事故や問題について迅速な対応ができます。また、デジタコとドラレコの通信を一本化することで、コスト削減も期待できるでしょう。

データ連携

連携型のデジタコの中には、発着地の情報を自動入力する端末や、ETCと連携した端末もあります。走行した有料道路はもちろん、空車や待機、休憩、給油などの作業情報の入力もできるため、帰庫後の日報入力の手間がかかりません。さらに、走行時間などの情報を加えることによって、ドライバーの勤怠管理もスムーズに行えます。

燃費管理機能

バスは基本的に決まったルートを走ります。そのため、適切な運転をすれば燃費が抑えられ、運行にかかる経費を削減できるでしょう。また、燃費向上を目指すことで丁寧なハンドル操作や速度調整への意識が養われ、ドライバーの安全運転促進にもつながるのです。

クラウド型

運行管理や問題対応をより円滑に進めたい場合は、ネットワークに接続できるクラウド型のデジタコがよいでしょう。
カード型のデジタコは、帰庫後に運行管理システムのあるパソコンへデータを読み込ませる必要がありますが、クラウド型は無線通信で送信できます。一つひとつのデータを管理したり変換したりする手間が省けるのは、多くの車両を管理する事業者には嬉しいポイントと言えるでしょう。

デジタコ以外に気を付けたいドラレコ

デジタコは現在、一部のバスでのみ導入が必須とされていますが、ドラレコも導入の義務化が進んでいます。

ドラレコもバスへの装着が義務

平成29年に貸切バス事業者へのドラレコの装着が義務化されました。その背景には、多くの乗客が命を落としたバス事故があります。そのため、ドラレコの取り付けとともに、その映像によるドライバーへの指導・監督も、事業者が果たすべき義務となりました。
こうした交通事故への注意喚起、安全運転の促進は今後ますます求められ、市街地で運行する路線バスや送迎バスなどのあらゆるバスに義務付けられていくことでしょう。

まとめ

デジタコは、各バス事業に必要不可欠となりうる機能であり、より快適なバスの運行と煩雑な業務の負担軽減を可能にします。ご自身のバス事業にとって必要な機能を吟味し、デジタコの導入を検討してはいかがでしょうか?

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト