コラム

路面凍結の時期こそドラレコを活用!路面凍結の対処法などをご紹介

路面凍結の対処法などをご紹介

  • ドラレコ
  • 路面凍結
  • 事故防止
路面凍結の時期こそドラレコを活用!路面凍結の対処法などをご紹介

寒さが本格的になり、路面凍結に注意したい時期になりましたがすでに対策はされていますか?路面凍結は大きな事故にもつながりやすいため、できるだけ多くの対策を講じておくことが大切です。今回は路面凍結の対処法やドラレコの活用方法についてご紹介いたします。

路面凍結とは

路面凍結は、スリップ事故の原因になりやすく、毎年多くのドライバーを悩ませています。路面が凍結する条件や種類、発生しやすい場所を押さえ、冬道への理解を深めましょう。

路面凍結とは

路面凍結とは、雨や雪で濡れた路面が凍結した状態のことで、「アイスバーン」とも呼ばれています。アスファルトの表面が氷の膜で覆われるため大変滑りやすく、運転に慣れたドライバーでもハンドルをとられてしまうことが少なくありません。

路面凍結の種類

路面凍結は、天候や道路環境によって3つの種類に分かれ、それぞれに注意すべきポイントがあります。

<圧雪アイスバーン>
圧雪アイスバーンとは、道路に降り積もった雪が車の往来によって踏み固められた状態のことを言います。雪が圧縮され路面が硬くなっていますが、積雪と同じ見た目をしているため、凍っていることに気付くのはなかなか難しいかもしれません。日差しや車のヘッドライトによる光の反射具合で凍結しているか判断しましょう。

<ブラックアイスバーン>
路面に薄い氷の膜が張り、黒く濡れたように見える状態がブラックアイスバーンです。単に道路が濡れた状態と見分けがつかないため、夜間の運転時には特に注意しましょう。
ブラックアイスバーンは、降雨後の気温の冷え込みで起きやすく、積雪がない地域でも発生する恐れがあります。

<ミラーバーン>
ミラーバーンは、圧雪アイスバーンが車のタイヤによって磨かれた状態です。鏡のように光を反射し、大変滑りやすいのが特徴です。ただし、日差しやヘッドライトを強く反射するため、比較的気付きやすいアイスバーンと言えるでしょう。

路面凍結が起こりやすい場所

路面凍結は、温度が下がりやすい橋の上やトンネルの出入り口、日当たりの悪い場所でよく起こります。特に、橋は下からの冷風で冷やされた結露がブラックアイスバーンの原因にもなるため、慎重に通行しましょう。
また、トンネル内が乾いていても、抜けた先がアイスバーンになっていたために事故に遭ってしまうケースも少なくありません。出入り口が近くなったらしっかりと減速し、トンネル内もスピードを上げすぎないように走りましょう。

路面凍結の対処法

路面凍結が起こっている道路では、慎重な運転を心がけないと大きな事故につながります。走行時の対処法や注意点を把握しておきましょう。

丁寧な運転

急ハンドルや急ブレーキは、タイヤがスリップしてしまう要因です。曲がるときには、カーブの手前で徐々に速度を落とし、ゆっくりとハンドルを切りましょう。停まる際もエンジンブレーキを使用し、何回かに分けてブレーキを踏むなど、細心の注意を払ってください。

十分に車間距離をとる

路面凍結が起こっている道路は減速に時間と距離がかかるため、いつもの2倍ほどの車間距離をとりましょう。十分に車間距離を空けることで、タイヤが滑ってしまったときや前の車に運転の乱れが出たときも対処しやすくなります。

スタッドレスタイヤやチェーンを活用

スタッドレスタイヤは吸水性と吸着力に優れており、路面凍結が起こっている道路での走行に適しています。チェーンはタイヤの滑り止めのようなもので、必要に応じて着脱が可能です。
ただし、滑らないことを保証するものではないため、装着後も十分に注意して運転しましょう。

スリップ事故ではドラレコが重要!

路面凍結の起きている道路でスリップ事故が発生してしまったとき、ドラレコが重要な役割を担うことがあります。その重要性を理解して、ドラレコの購入・活用を検討してみてはいかがでしょうか?

ドラレコの重要性

スリップ事故の原因究明や過失割合を決めるとき、ドラレコの映像が大いに役立ちます。事故の過失割合の決定において、路面に残ったブレーキ痕は重要な判断材料です。しかし、凍結した路面にはブレーキ痕が残りにくく、過失割合の判断をするのは困難です。
ドラレコを設置すれば、事故の瞬間と道路状況が映像として記録され、原因究明の手がかりになるでしょう。

最新の技術により路面状態が判断できるようになった

2021年、日本気象協会より、ドラレコの映像と気象情報から実際の路面状態を判断するAIの実証実験でよい結果が得られた、と発表されました。トラックの運行支援会社「トランストロン」と、AI活用の危機管理システムなどを開発した「スペクティ」の手も加わって、実用化に向けた取り組みが進められています。このサービスが実現すれば、近い将来、さらなる事故の防止にも一役買ってくれることでしょう。

まとめ

路面凍結には、運転に自信のあるドライバーでも細心の注意が必要です。特にこれからの季節、早めの準備と対策をして安全な走行を図りましょう。なかでもドラレコは、ぜひ揃えておいてほしいアイテムです。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト