コラム

あおり運転対策にはドラレコがおすすめ!対処法や予防方法について紹介

あおり運転対策の対処法や予防方法についてご紹介

  • ドラレコ
  • あおり運転
  • 事故防止
あおり運転対策にはドラレコがおすすめ!対処法や予防方法について紹介

ニュースなどで度々耳にする「あおり運転」ですが、対策としてドライブレコーダー(以下ドラレコ)の設置が効果的です。また、実際にあおり運転の被害に遭った場合の対処法について知っておくと安心です。今回はあおり運転の対処法や予防方法について紹介します。

あおり運転をされたらどうすればいい?

まずは道を譲る

あおり運転の被害に遭った場合、できるだけ早く道を譲るのが基本です。あおってくる相手はイライラしていたり急いでいたりするので、先に行ってもらうことで被害を防ぎましょう。逃げようとしてスピードを出すと、相手を刺激してしまったり事故につながったりする可能性があるため、大変危険です。
高速道路などで路肩に停車できない場合は、サービスエリアなどに入って道を譲りましょう。

車間をキープする

あおり運転とは反対に、割り込んでわざとブレーキを踏んだりノロノロ運転をしたりする「あおられ屋」も存在します。もし危険な動きをする車に割り込まれたら、慌てずにゆっくりとスピードを落とし、車間を空けましょう。その際、後続車に追突されないようにハザードランプなどを付けて減速を知らせてください。

人目のある安全な場所に避難する

しつこく追いかけられたり割り込まれて進路を妨害されたりした場合は、サービスエリアやパーキングエリア、コンビニなどの人目のあるところに避難しましょう。停車したら落ち着いて警察に連絡してください。
このとき大事なのは、車から降りないことです。相手が怒って近づいてきたとしても、ドアや窓は開けないでください。相手の車のナンバーを控えたりスマホで録画したりしながら、警察官の到着を待ちましょう。ただし、スマホでの録画を露骨に行うと余計に相手を怒らせてしまう可能性があるため、気付かれないように十分注意する必要があります。

あおられないためにはどうすればいい?

あおり運転は違反であり、あおる側に100%非があります。ただ、自分の身を守るためにはあおられないように注意することも必要でしょう。どのような点に注意して走行すればよいか解説します。

基本的に左側の車線を走行する

まずは走行する車線に気を付けましょう。基本的には左側または中央にある「走行車線」を走行していれば、あおり運転の被害に遭いづらくなります。特に、普段使わない道の場合は左側を走行しましょう。

先に道を譲る

あおられる前に譲るというのも大事です。慣れない道を走行するときや初心者が運転するときは、後続車のほうが早いことも多いでしょう。後続車が近づいてきた場合は、無理にスピードを上げずに余裕のある路肩に停車して道を譲ってあげてください。そうすれば、相手も自分も嫌な気持ちをせずに済みます。
後続車に気付くためには、普段からミラーで後方を確認することが大事です。

急発進や急停車をしない

あおり運転の被害に遭わないためには、相手の気持ちを考え、できるだけ急停車・急発進をしないようにすることも大事です。前の車との車間を十分にとり、そのさらに前の車のブレーキランプを見てブレーキを踏み始めるなど、余裕を持った運転を心がけてください。車線変更時の急ハンドルも避けましょう。

ドライブレコーダーを設置する

あおり運転対策としておすすめなのがドラレコです。あおり運転の被害に遭ったことの証拠にもなるので、裁判になった際に自分を守ることができます。
また、ドラレコが設置されていればあおり運転の抑止効果も期待できます。「ドラレコ記録中」というステッカーもあわせて使用すれば、さらに抑止効果が高まるでしょう。

ドライバーの安全のためにもドラレコを設置しよう

ドラレコには、あおり運転を予防したり事故の際の証拠になったりとさまざまなメリットがあります。その中でも特におすすめの製品を見てみましょう。

富士通デジタコ DTS-D2D(ドラレコ搭載モデル)

配送業などの企業におすすめの製品です。
まずは、ドラレコとしての機能を見てみましょう。こちらは、設定値を超える急加速や急回転があった場合に検知してくれる仕組みです。200万画素のデジタルカメラを採用しており、ナンバーなども鮮明に読み取れます。また、最大5台の撮映が可能で、設置場所によってさまざまな用途に活用できるでしょう。夜間でも撮映できる赤外線カメラもあります。
また、データはリアルタイムでクラウドサーバーに保存され、取得した動画はすぐに確認できます。あおり運転の対策だけでなく、運行状況やドライバーの様子を確認できるドラレコです。

まとめ

あおり運転の被害に遭う可能性は誰にでもあります。自分の身を守るためには、危険を回避するための対処法を知っておくことが大事です。また、いざというときの証拠を記録したりあおり運転を予防したりするために、ドラレコの設置も検討してみましょう。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト