コラム

ドラレコの映像は事故の裁判の証拠になる?従業員のためにもドラレコは必ず導入しましょう

裁判におけるドラレコの証拠能力についてご紹介

  • ドラレコ
  • 証拠映像
  • 交通事故
ドラレコの映像は事故の裁判の証拠になる?従業員のためにもドラレコは必ず導入しましょう

近年ではドライブレコーダー(以下ドラレコ)が普及していますが、実際に事故に遭ったときの証拠映像としてはどのような効果があるのかご存じでしょうか?いざというときに備えて、ドラレコにどのような証拠能力があるのかについて知っておきましょう。今回はドラレコの証拠能力について紹介します。

ドラレコの裁判における証拠能力について

基本的には有効な証拠として扱われる

ドラレコの映像は、証拠として価値があります。ただし、これは事故前後の状況が正確に記録されていることが前提です。
では、証拠としての価値がなくなるのはどのような場合なのでしょうか。

証拠として認められない場合

<映像に作為がある場合>
ドラレコの映像は編集ができます。映像を合成したり改ざんしたりしてしまえば、当然証拠としては認められないうえに、裁判官からの心証も悪くなります。
また、実際には編集していなくても「都合のよいところだけ抜粋している」「編集している」と相手方から言われる場合があるでしょう。このとき、編集していないことを証明できなければ証拠としての価値がなくなる可能性もあります。ドラレコの映像を裁判所に提出する場合は、余計な疑いを持たれないように、一部だけでなく全体の記録を提出するようにしましょう。

<日付や日時に作為がある場合>
ドラレコは、映像そのものだけでなく、録画された日付や日時も操作できます。ただ、こちらも作為があった場合は証拠として認められません。映像と同じく証拠としての価値がなくなってしまいます。

<ドラレコの映像で判断できない場合>
ドラレコの映像には証拠として価値がありますが、証拠となるのは映っている映像のみです。そのため、映っていない状況を証明することは不可能です。
たとえば、相手方の車内の様子です。ドラレコは自分の車体に取り付けているため、相手方の車内までは撮影できません。車の動きは撮影できていても、車内でどのような行動をしていたのかは証明できない可能性もあります。

提出の義務はある?

車両事故の裁判において、ドラレコの提出義務はありません。つまり、自分にとって不利な映像が残っていた場合は提出しなくてもよいということです。ただ、相手方から要求されても提出しない場合、裁判官からの心証が悪くなる可能性は高くなるでしょう。
また、ドラレコの提出を裁判所が決定をもって命じた場合は義務が発生するため、この場合は拒否ができません。

裁判におけるドラレコが持つメリット

事実認定のための重要な証拠になる

ドラレコの映像は、当人の感情や思い込み、思惑が影響しない客観的な記録です。それだけ証拠としての価値が高いということです。
たとえば、信号が赤だったか青だったかの意見が相手方と食い違ったときも、映像を見れば正確な状況が判断できます。作為がない限りは映像通りの事故であったという証拠になるので、自分に過失がなかった場合に不利な認定をされる可能性も少なくなるでしょう。

過失割合についての判断基準になる

損害賠償額を決定する場合は、過失割合が重要です。ドラレコによる客観的な記録が認定されれば、過失割合はこれに沿って判断されるため、自分に過失がなかった場合に不利になることは少なくなります。これは、当たり屋や当て逃げの被害に遭った場合にも活用できます。

ドラレコを事故の証拠として扱う際の注意点

よい映像が撮れているとは限らない

ドラレコを設置していても、証拠となる映像が残っているとは限りません。たとえば、相手方の車内の様子はドラレコでは撮影できないので、相手の行動を証明することは難しいでしょう。
また、衝撃感知型のドラレコは自動車に衝撃があった前後の映像しか残りません。つまり、小さな衝撃やしばらく前の映像は残らないということです。そのため、事故の状況によっては証拠にならない可能性があります。
きちんと撮影されていたとしても、正確に記録されなければ証明になりません。事故後にログが上書きされてしまうことがないように、ドラレコの映像はすぐに確認しましょう。SDカードも数年ごとに交換するのがおすすめです。

不利な映像が記録されている場合も

ドラレコの映像は、必ずしも自分に有利になるとは限りません。客観的な記録なので、自分の過失も当然録画されています。「前方不注意があった」「一時停止を無視していた」など、自分では気付かなかった行動が残されている可能性もあるでしょう。
ドラレコは、あくまで正確に事故状況を判断するためのものであり、裁判を有利に進めるための便利なアイテムではないということを理解しておいてください。

まとめ

ドラレコは、事故の状況を正確に判断してくれる客観的な記録です。交通ルールに従って運転していれば、ドラレコの映像は味方になってくれるでしょう。会社や従業員、そして大切な家族を守るためにも、ドラレコの導入をおすすめします。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト