コラム

ドラレコのサブスクが登場!購入とサブスク、それぞれの違いは?

ドラレコの購入とサブスクの違いをご紹介

  • ドラレコ
  • サブスク
  • 定額料金
ドラレコのサブスクが登場!購入とサブスク、それぞれの違いは?

近年、動画や音楽など、月額制で見放題・聞き放題になるサブスクサービスが普及しています。サービス対象も次第に広がっており、ついにドラレコにもサブスクが登場しました。もしかしたらサブスクのほうが購入よりもお得になるかもしれないと考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ドラレコのサブスクがどのようなサービスなのか、購入との違いについてご紹介します。

ドラレコのサブスクはどのような内容?

ドラレコのサブスクとはどのような内容なのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

ドラレコのサブスクとは?

ドラレコのサブスクとは、毎月定額料金を支払うことでドラレコが使い放題になるサービスです。サブスクで提供されるドラレコには通信機器も備え付けられており、ドラレコ本体のボタンを押すだけでオペレーターにつながります。
また、緊急時にはあらかじめ登録しておいた家族の連絡先に自動でメールが送られたり危険度や事故リスクを予測するAI機能が付いていたりと、安全性に特化した機能を利用することも可能です。

個人向け・法人向けのどちらがある?

ドラレコのサブスクは個人・法人問わず利用できます。先に法人向けサービスが登場し、個人向けも展開されるようになりました。
ドラレコのサブスクは安全運転への意識改善に効果的です。ドラレコのサブスクには、位置情報や走行状況を取得する機能があり、1日の走行状況がデータとして蓄積できます。ドライバーの運転のクセや危ないポイントがわかるため、運転の見直しにも効果的です。法人向けの場合、データを基にした適正な安全運転の指導ができるでしょう。

ドラレコのサブスク注意点

通信型ドラレコは、カーナビやAV機器などに影響を与えてしまうことがあります。また最近の車には、フロントガラスに予防安全装置のカメラやレーダーが付いていることが多く、通信型ドラレコのノイズが入る可能性も考えられます。
ノイズが入る原因は、通信制ドラレコの電磁波の強さです。そのノイズを防ぐためには、ノイズ対策が付いたドラレコを選ぶか、設置箇所に注意するようにしましょう。
また、記録媒体のSDカードが別売りの場合もあります。記録媒体が別売りだと初期費用や買いに行く手間がかかってしまうので、サブスクを契約する前に記録媒体の有無を確認しておきましょう。

サブスクと購入、どちらを選ぶべき?

ドラレコは、サブスクと購入のどちらがよいのでしょうか。それぞれの特徴について解説するので、ドラレコを選ぶ際の参考にしてみてください。

サブスクと購入の違い

サブスクと購入の最も大きな違いは、利用者が対象の所有権を有するか否かです。
ドラレコを購入した場合の所有権は購入者で、新品を購入する際や買い替えの度に費用がかかります。
一方で、サブスクの場合の所有権はサービス提供側です。そのため、利用を終えて不要になったドラレコはサービス提供者に返却する必要があります。月額に端末代やメンテナンス費が含まれているため、基本的に定額以上の費用を請求されることはありません。

個人利用でサブスクに向いている人は?

サブスクの個人利用に向いているのは、運転が苦手な人や運転初心者、ドラレコを短期間で利用したい人などです。
ドラレコのサブスクであれば、オペレーターによる手厚いサポートやAIによる危険予測機能が付いているため、運転に自信がない方も安心して車に乗れるでしょう。
また、ドラレコのサブスクは月額2,000~4,000円なので、1か月の出費をなるべく抑えたい方に最適です。

費用なら購入のほうがお得

ドラレコのサブスクは長期的に見た場合、購入型のドラレコよりも割高になる場合があります。
ドラレコのサブスクは初期費用を抑えられますが、最近のドラレコは1万円以下で購入できることも多く、トータルコストで考えると購入型のドラレコのほうがお得です。
ドラレコの機能やサービス、利用期間を照らし合わせて、サブスク利用と購入のどちらが自分の目的に合っているのかを考えてみましょう。

法人は購入に補助金が出る

法人の場合、ドラレコを購入した際に国土交通省とトラック協会で申請すると、補助金を受け取れます。
補助金の額は、国土交通省でドラレコ1台あたりの購入額の1/3、もしくは上限3万円、トラック協会(東京の場合)でドラレコ1台あたり1万円です。
補助金の算出方法や補助金の額は各都道府県によっても異なるので、詳しくは各ホームページでご確認ください。

まとめ

ドラレコのサブスクは、定額料金を毎月支払って使用するサービスです。オペレーターにつながる通信機器や、危険を予測するAI機能が付いているなど、サブスクならではの機能が付いています。ドラレコを導入する際は、サブスクと購入型のメリットとデメリットを比較しながらどちらが自分に合っているのかを考えながら選んでみてください。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト