コラム

ドラレコは業務を遠隔監視できる?選び方などをご紹介

ドラレコは業務を遠隔監視できる

  • ドライブレコーダー
  • 遠隔監視
  • 労務管理
ドラレコは業務を遠隔監視できる?選び方などをご紹介します

ドラレコは走行中だけでなく、衝撃を感知して前後の記録をするなど非常に多機能なものがあります。なかでも、遠隔監視が可能なタイプは必要に応じてリアルタイムでの映像確認ができるため、業務用としてニーズが高いです。今回は遠隔監視が可能なドラレコについてご紹介いたします。

遠隔監視が可能なドラレコとは

ドラレコの中には、リアルタイムで映像を遠隔監視できるタイプのものがあります。

遠隔監視が可能なタイプのドラレコ

ドラレコは通常、SDカードに映像が記録されますが、サーバーに接続している通信型のドラレコもあります。通信型ドラレコでは、サーバーを経由してクラウドに運行状況が自動保存され、リアルタイムでの遠隔監視が可能です。通信型ドラレコはその機能性から、営業や物流、交通など多くの商用車に導入されています。

ドラレコで業務を遠隔監視するメリット

通信型ドラレコで業務を遠隔監視すると、どのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

<従業員の安全運転への意識向上>

遠隔監視をすると、ドライバーは常に見られていることを意識するため、急発進や急停止、よそ見などの危険運転の防止に役立つでしょう。また、各ドライバーの運行記録をもとに、技術や習慣などの運転診断ができ、適切な指導や評価につなげることもできます。

<勤怠管理に関するデータ管理がしやすい>

通信型ドラレコでは、運行記録がすべてクラウドに自動保存されるため、勤怠状況を詳しく確認できます。時間帯を指定し、直行直帰の記録や夜間の運行なども正確に把握し、管理することが可能です。

<道路状況の把握と情報共有>

遠隔監視では、各車両の現在位置や渋滞、事故などの道路状況をリアルタイムで把握し、いち早く情報を共有できます。情報をもとに、よりスムーズな運行ルートを提案できるため、業務の効率化に有効です。

<万が一の際に救援要請ができる>

通信型ドラレコには、事故や事件など万が一の際に救援要請や緊急通報ができるタイプのものがあります。また、ドライバー本人が通報できない状態でも、遠隔監視によって異変が確認できるため迅速な対応が可能です。

遠隔監視可能なドラレコは何を基準に選べばいい?

通信型ドラレコのメリットを最大限に活かすための、製品選びの基準をご紹介します。

画像の鮮明さ

画質が悪いと、事故や事件の際に必要となる情報が正確に読み取れず、証拠にならない恐れがあります。証拠映像として使うことも想定し、フルハイビジョン対応で200万画素以上の製品など、適切な画素数のものを選びましょう。また、暗い場所や明るい場所でも鮮明に映せるように、明暗差の補正機能がある製品を推奨します。

電圧

一般的に、乗用車なら12V、トラックなら24Vに対応したドラレコが使用できます。車両の作動電圧に合わないドラレコを使うと不具合が生じる危険性があるため、適切な電圧の製品を選びましょう。なお、製品によっては12Vと24Vの両方に対応しているタイプもあります。

撮影範囲

ドラレコは、製品により撮影可能な範囲が異なります。あおり運転など幅広く対応するには、前後同時に録画でき、画角の縦と横の広さも十分なものを選ぶことが大切です。360度全方位を撮影できるものもありますが、画像の鮮明さが失われる場合もあるため、画質にも注意して選びましょう。

フレームレート

1秒につき撮影できる映像のコマ数を表すフレームレートの高さも、製品選びの基準になります。フレームレートが高いほど1秒間に映るコマ数が多くなるため、より詳細で自然な映像が撮影可能です。フレームレートによってはLED信号がうまく映らないことがあるため、LED信号に対応した機種を選びましょう。

遠隔監視可能なドラレコを導入する際のポイント

通信型ドラレコを商用車に導入する際は、以下のポイントに注意しましょう。

監視目的だと思われないように配慮

監視目的であると認識されると、従業員のストレスや不信感を高めてしまう恐れがあります。ドライバーの安全の確保や業務の効率化、勤怠の管理などに利用することを十分に説明し、導入後も適切に活用することにより、従業員の理解を得ることが大切です。

良かった運転も取り上げる

ドラレコの記録を使って運転技術を指導する際、危険運転などの注意喚起にのみ利用するのではなく、良かった運転の例も取り上げましょう。優れた運転技術や改善された点などを抽出して従業員の努力を認めることで、遠隔監視を利用することへの理解につながります。

危険運転の映像を活用する

事故映像をもとに安全指導をしても、ドライバーは他人事に感じてしまいがちです。そこで、事故ではなく危険運転の映像を活用すると、自分にも起こり得ることとして捉えやすくなり、より効果的な指導が期待できます。

まとめ

遠隔監視が可能な通信型のドラレコは、従業員の安全確保やモチベーションの向上、業務の効率化などさまざまなメリットがあります。従業員の理解を得たうえで適切に活用し、事故防止や業務の質の向上にぜひ役立ててください。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト