コラム

ドラレコの駐車監視機能はどんなシステム?メリットなどをご紹介!

ドラレコの駐車監視機能とは?

  • ドラレコ
  • 駐車監視
  • 防犯
ドラレコの駐車監視機能はどんなシステム?メリットなどをご紹介!

ドライブレコーダーを購入する際に駐車監視機能があるものを選ぶと、防犯効果を更に高めることができるということを皆さんご存じでしょうか。
今回はドライブレコーダーの駐車監視機能がどのようなものか、メリットやデメリットと併せてご紹介します。

ドラレコの駐車監視機能とは

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは一体何なのでしょうか。ご存知でない方のために、ここでは駐車監視機能について詳しく解説いたします

駐車監視機能とは

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは、本来の目的である、走行中の映像を撮ることに加え、駐車中も周辺の状況を録画できる機能のことです。走行中の犯罪行為だけでなく、停車中に起こる車上荒らしや当て逃げ、車両へのいたずらといった犯罪行為を撮影することができます。

駐車監視機能の録画方式は3種類

ドライブレコーダーの駐車監視機能の録画方式としては、主に次の3つのタイプが挙げられます。

<動体検知録画>
動体検知録画とは、動きを感知するモーションセンサーが内部に搭載されており、人やモノの動きを検知すると、一定時間記録する駐車監視機能です。車に近づく怪しい人影を捉えることが出来ます。

<衝撃検知録画>
衝撃検知録画は、内部のGセンサーが衝撃を検知するとカメラが作動するタイプです。車両に衝撃がかかった時に一定時間作動するので、当て逃げなどの証拠を捉えることができます。

<常時録画>
常時録画は、常に映像を撮影し続けるタイプです。まさに防犯カメラの役割を果たしてくれます。常に撮影を続けているため、防犯効果は一番高いとされています。

駐車監視機能のメリットとデメリット

ドライブレコーダーの駐車監視機能は防犯対策としてメリットが多い反面、デメリットもあります。導入を検討する際は以下のことも考慮してみてください。

メリット

駐車監視機能を付けることによるメリットは、監視カメラの代わりとして、犯罪を予防する効果が挙げられます。昨今流行りの車上荒らしや当て逃げ、車両へのいたずらといった犯罪を未然に防ぐことができます。また、万が一被害に遭ってしまった場合でも、ドライブレコーダーに残った映像を証拠として警察に提出することができます。

デメリット

駐車監視機能のデメリットとしては、犯行が死角から行われた場合、カメラに映らないという要素が挙げられます。ドライブレコーダーは固定されているため、撮影範囲は決まっています。死角から車内を狙われてしまった場合、当然ドライブレコーダーに犯行の様子は映りません。また、もう一つのデメリットとして挙げられるのが、停車中にもドライブレコーダーを作動し続けることによって、車のバッテリーが上がってしまうことです。次の項目では、バッテリーが上がる原因とその対策について述べていきます。

ドラレコの駐車監視機能で気を付けたいバッテリー上がり

ドラレコの駐車監視機能で気を付けたいバッテリー上がりについてご紹介します。

なぜバッテリーが上がる?

ドライブレコーダーの駐車監視機能は、バッテリー上がりを引き起こす可能性があります。多くのドライブレコーダーは、走行中のエンジンから電力供給をしています。しかし、停車中はエンジンも止まっているため、撮影に必要な電力を供給することが出来ません。駐車監視機能はエンジンが止まっている状態での作動になるため、バッテリーが自然放電してしまいます。車両バッテリーは充電と放電を繰り返すことで経年劣化してしまうという性質を持っているので、駐車監視機能を使うとバッテリーが上がりやすくなってしまうのです。

バッテリー上がり防止機能のあるドラレコを選ぼう

ドライブレコーダーにはさまざまな種類があり、機能によっては車のバッテリーが上がるのを未然に防ぐことができるものもあります。
たとえば、内蔵バッテリーや外部バッテリーなど、車両のバッテリー以外から電源を供給するドライブレコーダーです。内蔵バッテリーの電力で作動するタイプは、走行中に充電しておき、停車している間は内部のバッテリーから電力を供給し作動します。外部バッテリーを使用するタイプは、モバイルバッテリーやサブバッテリーを後付けすることで、車両バッテリーへの影響を失くします。長時間の撮影には向いていますが、外部バッテリーの充電が必要になるなどのデメリットも存在するので注意が必要です。また、車両バッテリーを使用するタイプの中にも、自動的にの電力供給をストップさせる機能を持つドライブレコーダーなどもありますが、いずれにしろ放電と充電を繰り返すため、バッテリーの劣化は早くなると捉えたほうが良いでしょう。

まとめ

ドライブレコーダーの駐車監視機能は犯罪の予防や、証拠の提出などに役に立ちますが、運転中以外でも作動しているためバッテリーに負担をかけやすいなどのデメリットもあります。ドライブレコーダーによっては車のバッテリーを使用するのではなく、内蔵バッテリーや外部バッテリーを使用するタイプの製品もあるので、バッテリー上がりを防止する機能の付いたものを選ぶのがおすすめです。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト