コラム

【ドラレコの熱対策】真夏にドラレコを故障させないための方法を紹介します

ドラレコを故障させない熱対策

  • ドラレコ
  • 熱対策
  • 故障
【ドラレコの熱対策】真夏にドラレコを故障させないための方法を紹介します

近年、温暖化が世界的な問題になっていますが、その影響はドライブレコーダーにまで及んでいます。真夏の炎天下では、車内の温度は高温になりやすいため、ドライブレコーダーが故障する可能性が高くなってしまうのです。そこで、今回はドライブレコーダーの熱対策について紹介します。

ドラレコに熱対策は必要?

ドライブレコーダーは、運転中の事故や事件に巻き込まれた際の車外の状況を、映像に残すことができる機器です。そんな便利なドライブレコーダーですが、実は熱に弱く、熱対策をしっかり行っていないと故障してしまう可能性があります。ここでは、ドライブレコーダーの耐熱温度と故障の原因について解説します。

ドラレコの耐熱温度

ドライブレコーダーには、動作温度範囲というICが正常に機能を発揮できる温度の範囲が設定されています。ドライブレコーダーの機種によって異なりますが、後付けとなるドライブレコーダーは、動作温度範囲がマイナス10~プラス60度くらいに設定されていることがほとんどです。

ドラレコが熱で故障する原因

ドライブレコーダーが熱で故障してしまう原因は、大きく分けて2つあります。
まず、ドライブレコーダーの動作温度範囲の問題です。炎天下では、車内温度が70~80度まで上がることがあります。ほとんどのドライブレコーダーは、動作温度範囲が60度までなので、そのような炎天下では故障してしまう可能性があります。
次に、ドライブレコーダーの使用環境の問題です。ドライブレコーダーは通常、車内でも直接日が当たりやすいフロントガラスに設置されています。特に炎天下では、ダッシュボード付近が80度近くまで及ぶことがあるため、熱で故障してしまう可能性が高くなります。

ドラレコの熱対策

ドライブレコーダーは、熱対策をしておくことで熱による故障を防ぐことができます。
「事故に遭ってしまったのでドライブレコーダーを確認しようとしたら、故障していて録画ができていなかった」ということにならないよう、ドライブレコーダーの熱対策はしっかり行っておきましょう。

真夏の時期は運転しない時は取り外す

ドライブレコーダーには、取り外し可能なタイプもあります。簡単に取り外しできるので、夏の時期だけ、運転しないときは取り外しておくのも熱対策の一つです。

耐熱温度が高いドラレコを選ぶ

最近では、80度以上でも耐久可能なタイプのドライブレコーダーが登場しています。炎天下でも耐えられるので、ドライブレコーダー自体を耐熱温度が高いものに付け替えるのも対策になります。

できるだけ日陰に停車する

直射日光を浴びなければ、故障のリスクを減らせるため、外出先ではできるだけ日陰に停車・駐車することも対策になります。どうしても日向にしか止められなかった場合でも、長時間は避けるなどの対策をしましょう。

ドアガラスを少し開けておく

炎天下での車内は非常に温度が上がりやすいため、ドアガラスを少し開けて、空気がこもらないようにするのも一つの方法です。セキュリティ上の問題が気にならないような場面では有効的であるといえます。

             

サンシェードを使う

ドライブレコーダーに直接日が当たらないようにするには、フロントガラス用のサンシェードを使用するのが一般的です。車内温度の上昇を防ぐことが可能なため、動作温度範囲を気にする必要はありません。

ドラレコの熱対策の注意点

ドライブレコーダーの故障は、ドライブレコーダー本体の熱対策を行うことでかなり防ぐことができます。しかし、熱対策は注意して行わなければ、十分な効果を得ることができません。ここでは、熱対策を行ううえでの注意点を2つ紹介します。

SDカードは熱に弱い

SDカードは非常に熱に弱いため、ドライブレコーダーの故障の原因となることがよくあります。もちろん最近では耐熱性がある製品も出ていますが、SDカードは消耗品です。長く使い続けていると、データが保存されなくなったり誤作動を起こすようになってしまいます。耐熱性の問題にかかわらず、SDカードは定期的に交換するようにしましょう。

サンシェードを使う際の注意点

サンシェードを利用するときは、できるだけガラスに密着するように取り付けましょう。停車時もドライブレコーダーの映像を録画しておくため、サンシェードの中に収めずに隙間を開けておきたくなるかもしれません。
しかし、サンシェードとガラスの間に隙間ができていると、その隙間から直接日光が当たり、非常に高温度になってしまいます。そうすると、隙間にあるドライブレコーダーが熱により故障してしまう可能性が高くなるため、サンシェードの効果を発揮させることができなくなります。

まとめ

日頃から車を気にかけることはあっても、ドライブレコーダーの熱対策にはなかなか意識が向かない人もいるのではないでしょうか。最近のドライブレコーダーは以前に比べて耐熱性が増している製品が多いですが、必要な時に故障していた、という事態にならないためにも、お手持ちのドライブレコーダーは熱対策が必要かどうか、確認しておくと安心です。夏を迎える前に、ご紹介した項目をチェックしてドライブレコーダーのトラブルを防止しましょう。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト