コラム

デジタコとドラレコの違いは何?どちらか片方だけでも大丈夫?

デジタコとドラレコの違い

  • デジタコ
  • ドラレコ
  • 安全運転
デジタコとドラレコの違いは何?どちらか片方だけでも大丈夫?

ドライバーと運転の安全を守るために必要なデジタコとドラレコですが、どのような違いがあるのかご存じでしょうか。どちらかの片方があれば十分なのではないか、と考えている方もおられるかもしれません。確かに、似ている機能が搭載されていることもありますが、安全な運転には両方とも搭載することが重要です。
今回はデジタコとドラレコの違いについてご紹介いたします。

デジタコとドラレコの違い

デジタコとドラレコには、機能面や使用目的、義務範囲の違いがあります。

デジタコとは

デジタコとはデジタルタコグラフの略称です。自動車運転時の速度、走行時間、走行距離の正確なデータをリアルタイムで記録してくれます。
デジタコを使用する主な目的は、営業車などの業務上管理がほとんどです。労働中の安全管理を目的として利用する人がほとんどで、デジタコの機能が最適だということになります。
GPS機能が搭載されているデジタコであれば、自動車の現在地を確認することも可能です。自動車の運転ルートを確認し、ルートの最適化を検討する場合にも便利だと言えるでしょう。
また、デジタコで記録したデータはパソコンの専用ソフトウェア上ですぐに確認できます。記録データから運転日報や乗務記録などのさまざまな帳票を作成したり、ルートの最適化を検討したりと、業務上の管理を目的とするのであればデジタコがおすすめです。

ドラレコとは

対してドラレコとは、ドライブレコーダーの略称で映像を目的とした人が利用することがほとんどです。ドラレコで録画した映像は事故が起きた場合の状況確認などに活躍してくれます。鮮明に事故の状況がわかるので、警察や保険会社への証拠として提出することも可能です。もともと、タクシーやトラックなど業務用の自動車に搭載されていることがほとんどでしたが、最近では個人の利用者が増えつつあります。

使用目的の違い

デジタコとドラレコの使用目的には大きな違いがあり、デジタコであれば記録、ドラレコは録画を目的としたものであることがわかります。つまり、業務上の管理などに必要な運転速度、走行時間などを記録したいのであればデジタコ、万が一の事故などに備えるのであればドラレコが最適だということです。両者の違いを明確にすると、自分にとってどちらが最適なのかがわかるでしょう。

義務範囲の違い

現状、ドラレコは貸切バス事業者が装着を義務付けられています。2016年に起こった「軽井沢でのスキーバス事件」がきっかけとなったようです。一方、デジタコ(アナタコ)の設置については、車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上の事業用トラックと、車両総重量7トン以上または最大積載量4トン以上の事業用トラックに義務化されています。

デジタコかドラレコ、どちらかがあれば片方は不要?

結論から言うと、デジタコとドラレコのどちらかがあれば片方は不要になるということはありません。デジタコとドラレコ両者の機能を合わせると、より高度な運行管理が可能になります。

どちらもあればより安全に

ドラレコの録画機能とデジタコで記録できる運転速度などの情報をかけ合わせれば、より安全性を高められます。両者を併用すれば、事故率の低減や燃費の向上、事故処理の効率化などに期待できるでしょう。

多機能型デジタコならドラレコは不要?

ドラレコの機能を兼ね備えた「多機能型デジタコ」も販売されています。多機能型デジタコにはドラレコとデジタコの機能に加え、帳簿作成機能やドライバーのアルコールチェッカー、速度超過時のアラーム通知や燃費管理など、ドライバーの安全管理に欠かせない機能が数多く搭載されているのです。つまり、多機能型デジタコであればドラレコは不要になります。
ただし、多機能型デジタコは機能の豊富さもあり、1台あたり平均30万円ほどするので、多くの車両に搭載するには導入のハードルが高めです。また、万が一故障した場合、両者の機能が使えなくなってしまう可能性もあるので、定期メンテナンスや別々に搭載するといった使い分けも必要になります。

デジタコとドラレコを活用する方法

活用方法を紹介します。

スマートフォンとの連携が可能なタイプがおすすめ

今やほとんどの人がスマートフォンを所有しています。そこでおすすめなのが、スマートフォンと連携できるデジタコです。スマートフォンそのものの機能である録画や位置情報などをドラレコとして活用できる優れもので、スマートフォンをアルコールチェッカーと接続すれば、呼気検査中の動画を撮りながらアルコール濃度を記録することも可能になります。

エコドライブや燃費の改善

デジタコとドラレコの両方を併用すると、エコドライブや燃費の改善に繋がります。これまであまり気に留めず運転していたものがデータにより視覚化されるので、改善点がすぐに見つかるのです。

イエローストップ実施の確認

交差点の黄色信号を通過せずに「イエローストップ」で停まっているかが、デジタコとドラレコの併用でわかりやすくなります。

まとめ

高性能な多機能型デジタコにはドラレコ機能が搭載されていますが、場合によってはデジタコとドラレコを別々に購入するほうがおすすめです。どちらも併用して利用すれば、運転時のさまざまな問題改善やリスク管理に繋がるので、ぜひ活用してみてください。

お問合せ

TEL.045-476-4640

受付時間 平日9:00 ~ 17:00

メールでお問合せ

ITP-WebService V2

デジタルタコグラフ

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

無線LANモデル

グローバルモデル

事例・FAQ

コラム

お問合せ

TEL.045-476-4640

受付時間 平日9:00 ~ 17:00

メールでお問合せ

販売会社様向けサポートサイト