コラム

搭載義務化に伴い進化するデジタコ!連携可能な機器について解説

進化するデジタコ、連携可能な機器

  • デジタコ
  • 効率化
  • 機器連携
搭載義務化に伴い進化するデジタコ!連携可能な機器について解説

搭載義務化に伴ってさらに普及の波が広がっているデジタルタコグラフ(以下デジタコ)。近年デジタコは多機能化が進み、様々な機器と連携することで、さらなる業務効率化を図ることが可能になっています。今回はドライブレコーダー(以下ドラレコ)との連携によるメリットと、その他の機器についても連携することでどのような効果が得られるのか詳しく解説いたします。

デジタコの義務化と基本性能

デジタコ搭載が義務化され、それに伴って進化しているデジタコの機能について解説いたします。

運行記録計の義務化

アナタコ、デジタコなどの運行記録計は、車両の走行スピードや稼働状況をグラフ化して把握することができます。これを搭載することによって業務効率化に活かし、安全運転を促します。事業用車両の死亡事故発生率の高さから運行管理を徹底すべきとみなされ、2017年4月に「貨物自動車運送事業輸送安全規則」が一部改正され運行記録計の装着義務対象が拡大されました。近年は次世代型運行記録計の普及が進んでいるため、アナタコに比べてデジタコを選ぶ事業所が多いようです。

デジタコの基本性能

デジタコの基本性能は、「速度・時間・距離」の集計です。これらに加えて瞬間加速や減速を検知して記録することで運転を支援する機能を持つデジタコなどもあります。まずは速度や距離を測りたいという方には単機能型を、徹底的にコストカットや業務効率化を目指したい方は多機能型をおすすめします。

進化するデジタコ

これまでの機能に加えてデジタコはさらに進化してきています。クラウドに対応したネットワーク型デジタコならリアルタイムで車両の状況を把握できるため、配車が効率的に行え、電話連絡などの手間を省くことができます。その他にも毎日の日報を簡単に集計してくれる機能などがあります。また、デジタコは他の機器と連携することでさらに利便性が向上します。

デジタコとドラレコの連携によるメリット

様々な機器の中でも、ドラレコの撮影機能を実装したデジタコについてご紹介いたします。

カメラ撮影

ドラレコを組み合わせることで走行中の状況をより把握しやすくします。
複数のカメラを用途に合わせて組み合わせて使用することで、視認しづらいところも含め広範囲を撮影することができ、さらに赤外線カメラを取り付けることで夜間の業務もより安全に行うことができます。高画質カメラを採用することで鮮明な映像を残し、万が一事故が起こった際にも証拠として扱うことが可能です。

動画送信をリアルタイムで

ネットワーク型デジタコの場合、録画したドラレコの映像をリアルタイムで保存し、管理者がその映像を確認することが可能です。事故やクレームがあった際には、その映像が記録として残っているため事実確認を迅速に行うことができます。事故の当事者は気が動転していて冷静な判断ができないこともあるため、第三者目線で的確な指示が送れます。録画された映像を使用し社内に注意喚起することによって事故防止にも繋がります。

音声事前警告

デジタコに搭載されている安全運転支援機能に加えて、ドラレコの映像と連携した機能もあります。走行車線から大きくはみ出してしまった場合に警告音を鳴らしてくれるというものです。トラックやバスは長距離運転による疲労や眠気からつい運転が疎かになってしまい、事故を招いてしまう危険性があります。そういった事故を未然に防ぐための機能になっています。

その他連携可能な機能

ドラレコの他にもデジタコと連携させることのできる機器があります。

免許証リーダー

免許証リーダーと連携させることで、運行管理に活かすことができます。
自身の免許証を読み取ると乗務員を識別し、個人の運行を記録することが可能になります。また、免許証の不携帯を防ぎ、有効期限もチェックしてくれるためデジタコの動態管理における機能性がさらに向上します。外部機器を連携することもできますが内蔵型の商品もあります。

アルコールチェッカー

始業前のアルコールチェッカーは義務づけられており、使用しているという事業者の方がほとんどではないでしょうか。据え置きタイプのアルコールチェッカーや携行タイプのモバイルアルコールチェッカーを連携することで、その記録を日報に反映することができます。

センサーやASV

センサーやASVと連携したデジタコは、急ブレーキや急発進から心臓発作などの急な疾患や居眠り運転を検知して自動ブレーキを踏んでくれる機能を搭載しています。自動で通報してくれるものもあり、長距離業務が多い事業者の方や安全運転を特に重視する方におすすめです

温度管理サービス

デジタコと車載冷凍機を連携することで、簡単に温度管理を行うことができます。従来はドライバーと逐一連絡を取り、誤って電源がオフになっていないか、適切な設定温度かなどを確認する必要がありましたが、クラウド型のデジタコと連携することにより管理者がオンラインで常に把握することができます。

まとめ

デジタコは単機能型でも十分効果を発揮しますが、他の機能や機器と連携することでさらに業務効率化やコストカット、安全運転の促進に繋がります。動態管理に力を入れたいと考えている方は、ぜひドライブレコーダーや免許証リーダーなどと連携可能、または一体型になっているデジタコを選択するのをおすすめします。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト