コラム

デジタコで本当に費用削減できる?導入前に確認しておきたいこととは

デジタコの種類とタイプ別解説

  • デジタコ
  • ドラレコ
  • 安全
デジタコで本当に費用削減できる?導入前に確認しておきたいこととは

運用管理や事故防止などの観点から、デジタルタコグラフの導入を考えている管理担当の方も多いのではないでしょうか。導入によって様々な効果が期待できるデジタルタコグラフ(以下デジタコ)ですが、その必要性や導入する際の流れなど、確認しておいた方が良いことが沢山あるのも事実です。そこで今回は、デジタコ導入の前に確認しておきたいことを紹介いたします。

デジタコの必要性

デジタコの必要性については様々な観点から指摘をすることができます。
今回はアナログタコグラフとの違いや、タコグラフ設置の義務化の観点から説明いたします。

アナタコにはできないこと

デジタコの登場以前はアナタコ(アナログタコグラフ)が使われていました。アナタコは専用の記録紙に直接書き込み記録するタイプのタコグラフです。そのため、他のドライバーや会社との共有が難しく、運用にも手間がかかります。しかし、デジタコならばメモリーカードをセットするだけで時間や距離などの運行記録を正確に記録できます。手間もかからずデータの共有も簡単です。

義務化の流れ

近年、国土交通省によるタコグラフの設置の義務化が進められ、その対象は拡大しています。近い将来に全ての商用車にタコグラフの設置義務が課せられる可能性も否定できません。義務化において、設置する種類はアナタコとデジタコのどちらでも良いことにはなっています。しかし、時代の流れやデジタコの大きなメリットを考慮すると、デジタコの必要性が今後より大きくなっていくと言えます。

デジタコ導入による費用対効果を考える

デジタコを導入することで多くのメリットを享受することができますが、その効果はかかる費用に見合うものなのかは、導入してみるまでは分からないものです。考えられる費用対効果の内容について以下にまとめましたので、ぜひ導入を検討される際の参考にしてみてください。

配車効率

GPS機能を搭載しているデジタコならば、ドライバーが今どこにいるかをすぐに把握することができます。急な業務依頼が発生した場合でも、効率よく担当者を割り当てることが可能になります。対応も迅速に行うことができるので顧客対応の向上にも繋がります。

燃費削減

デジタコはドライバーの運行状況を正確に記録できるので、運行上での問題点を浮き彫りにすることが可能です。アイドリングについても正確に記録できるので、データを基にドライバーへの直接指導に役立てることができます。デジタコの導入による燃費の改善率は10%程であると言われており、大幅な燃料費の削減にも繋がると言えます。

事故リスク減少

デジタコは運行情報をすべて記録しているので、ドライバーの労働時間超過や運転の安全度を把握することができます。ドライバーの健康状態や安全状態の保全に繋がり、また安全運転への指導も行いやすくなります。これにより事故のリスクを大幅に減少させることが可能になります。また、デジタコを搭載していることによる事故リスクの減少効果が今後より認知された場合には、会社の社会的信頼の向上も期待できます。

助成金について

デジタコ導入にはどうしてもそれなりの初期費用が必要になってしまいますが、助成金などの制度をうまく利用することでその負担を軽減することができる場合もあります。2020年5月現在においては、厚生労働省による働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)の支給対象となる取り組みの中にデジタコの導入・更新が含まれています。ただしこちらのものは2020年5月29日が申請期限と締め切りまで間もない状態です。
この記事を書いている5月の段階ではまだ発表されておりませんが、今年度もまた国土交通省や全日本トラック協会でも助成金精度が設けられるかもしれません。デジタコ導入に助成金を利用し、少しでも負担を減らしたいという場合は助成金等の情報も気にしておくと良いでしょう。

デジタコ導入の流れ

実際にデジタコを導入する際には以下のような流れが存在します。デジタコを導入される際にはしっかりと確認しましょう。

問い合わせ

購入するデジタコの種類を選び、メーカーに問い合わせをします。メーカーによっては公式サイトに問い合わせフォームが設けられていることもあるので、よく確認しましょう。

見積り

メーカーからの問い合わせ後は訪問打ち合わせの日程について取り決めます。打ち合わせの中で業務内容や希望する機能を伝え、内容に合致する機種を提案してもらいます。その際に予算の見積もりをしっかり聞き取りしましょう。打ち合わせを行わずに予算の見積もり提出のみを希望することもできます。

取り付け

購入を決定した後は車両にデジタコを取り付ける施工を行います。ドライバーと管理担当者の双方がしっかりと使用方法を理解できるようにしましょう。

アフターフォロー

デジタコ導入直後の慣れないうちは何かとトラブルが起きやすいものです。トラブルが起きた際にはメーカーに問い合わせ、アフターフォローをしてもらいましょう。

まとめ

タコグラフの義務化の対象拡大はどんどん進められています。義務化の対象になってから慌てて導入を検討するよりは、今のうちから落ち着いてデジタコについて考えておく必要があります。デジタコを導入することで大きな費用対効果を見込むことができます。導入する際には流れをしっかりと確認しましょう。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト