コラム

デジタコにはどんな種類がある?3つのタイプに分けてそれぞれ解説

デジタコの種類とタイプ別解説

  • デジタコ
  • ドラレコ
  • 安全
デジタコにはどんな種類がある?3つのタイプに分けてそれぞれ解説

デジタルタコグラフの導入、または買い替えを考えるにあたって、どのようなものを選べばいいのか知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。デジタルタコグラフ(以下デジタコ)には大きくわけて3つの種類があります。今回は3種類のデジタコについてそれぞれ詳しく紹介いたします。

標準型デジタコ

標準型には、法定3原則(速度・時間・距離)の取得だけでなく、ドライブレコーダーとの連携、帳票出力などの機能が備わっています。

標準型のメリット

ドライブレコーダーとの連携によって事故が発生した際に、その瞬間を記録することができるため、事故原因の究明や安全管理、ドライバーの意識向上にも繋がります。
また、事故を防ぐことで安全な運行が実現し、業務の効率化が見込めます。他にも各種帳簿機能によって作成コストを抑えることも可能です。

標準型のデメリット

単機能型と比べると価格が高く、多機能型と比べてコスト削減効果、搭載機能が劣るといったデメリットがあります。導入後により利便性の高い機能を求めて結局は買い替えを検討するといった可能性も否定できません。

標準型デジタコの機種 DTS-D2A/D1A (スタンダードモデル)

入力画面の視認性が魅力です。大画面有機ELを採用し、操作しやすい5つのボタンと独立型テンキーで、手袋をしたままでも簡単に操作が可能。免許証リーダーも搭載されています。
新しいデジタコであるネットワーク型デジタコは、3G/LTE通信回線で運行データをクラウドに保存することが可能です。クラウド型運行管理サービス「ITP-WebService V2」と組み合わせることで、日報や月次帳票などの集計作業が簡単になります。

単機能型デジタコ

単機能型は機能を法定三原則(速度・時速・距離)の取得や、簡単な運行管理に絞ったシンプルな機種です。

単機能型のメリット

単機能型のメリットは、とにかく導入する際のコストが他の型と比べて低いことです。
安いものだと5万円台から入手可能で、標準型以上だと30万円以上かかってしまう導入費を抑えることができます。また、機能がシンプルなため操作も簡単。デジタコを初めて使う方やデジタル機器に弱い年代の方でも直感的な操作を可能にしています。

単機能型のデメリット

単機能型はその名の通り機能が限られているため、ドライブレコーダーとの連携や詳細な運行管理が必要になった場合に多機能型デジタコへの買い替えが必要になります。コストを抑えるために単機能型を導入しても、結果的に高くなってしまう可能性があるので、他の型のメリットデメリットをよく確認する必要があります。

単機能型デジタコの機種 DTS-F1A(ベーシックモデル)

現在カード型やアナログデジタコをお使いの方や、タコグラフを導入していない方向けの製品です。
動態画面をベースとした使いやすい管理画面で、ドライバーの位置をリアルタイムで把握することができ、各店舗への到着管理を手間なく行うことができます。荷物の到着時間や納品完了時間が即時に把握できるため、電話確認も不要、業務の効率化が可能です。
また、3G/LTE通信アンテナ、GPSアンテナが本体に内蔵されており、外付けアンテナの場所や配線を考える必要がなく、ダッシュボード上に設置する際にも配線やアンテナの煩わしさがありません。

多機能型デジタコ

多機能型はデジタコのハイグレードモデルであり、標準型の機能に加えてドライバーや運行管理担当者の負担を軽減する機能が数多く備え付けられています。運行素行の改善により業務の効率化も大幅な向上が見込めます。

多機能型のメリット

他の型と比べて機能が多く搭載されていることが大きなメリットです。帳簿作成機能やドライバーのアルコールチェッカー、燃費の管理から速度通過時のアラーム通知まで、多くの機能が備わっており、業務効率と利益の向上を図ることができます。
アラーム通知の搭載によってドライバーの素行を改善することができ、レベルアップにも貢献してくれることでしょう。さまざまなオプションがあるため、それらをカスタマイズして自社好みのデジタコにできるのも魅力です。多機能型を使いこなすことで、利益の伸び悩みや、運行管理担当者の業務負担軽減といった課題の改善が見込めます。

多機能型のデメリット

導入費用は高く、1台あたり30万円ほど必要になります。しかし、燃費などの経費削減やスムーズな車両運行を可能にするので、長期的にみればコストパフォーマンスは多機能型のほうが優れているといえるでしょう。

多機能型デジタコの機種 DTS-D2D/D2X/D1D(ドラレコ搭載モデル)

高画質デジタルカメラとアナログカメラを用途に応じて組み合わせることができます。 高画質デジタルカメラは先行車のナンバーも読み取ることができ、赤外線カメラで夜間運行時でもドライバーの状態を見守ることが可能。また、路面状況や左右の巻き込み確認など、設置場所によって様々に利用することができます。
D2シリーズには200万画素デジタルカメラが搭載されており、最大5台のカメラ撮影を実現しています。
クラウドで動画を保存することができ、ドライブレコーダーの新たな利用価値を提供。DTS-D2Xは、200万画素デジタルカメラ対応に加えバス事業者のニーズに応える、最大9台のカメラ撮影機能を実装しています。

まとめ

標準型、単機能型、多機能型、3種類のデジタコを紹介しましたが、それぞれの型によって搭載された機能が異なり、価格帯も変化します。予算や必要な用途に合ったデジタコを選択することで業務の効率化や利益向上に繋がるでしょう。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト