コラム

デジタコ導入するなら今!デジタコ義務化に伴う導入のメリットを解説

デジタコ導入に伴うメリット

  • デジタコ
  • 義務化
  • 安全
デジタコ導入するなら今!デジタコ義務化に伴う導入のメリットを解説

デジタルタコグラフとは、車両の走行記録をデータ化し、走行距離や速度、時間などを把握することができるものです。近年、事業用車両へのデジタルタコグラフ(以下デジタコ)の設置の義務化が進められています。今回はデジタコ設置の義務化について、どのような背景があるのか、どのような部分が変わるのかを紹介します。

なぜデジタコの義務化が進んでいる?

義務化の目的

デジタコの導入を義務化する目的は、道路の安全確保です。近年、7トン以上8トン未満のトラックについて死亡事故、重症・軽傷事故の発生率が横ばいであり、改善が滞っています。そこで国土交通省は事業用貨物自動車について安全対策を講じるべきとし、事業者に対して運行管理の徹底を求めた結果、運行記録計(タコグラフ)の義務付けを行いました。
従来から装着が義務化された総重量8トン以上または積載量5トンのトラックに加え、平成26年12月1日より総重量7トン、最大積載量4トンの事業用トラックについても装着の義務化が適用されています。

義務化の背景

デジタコ導入が義務化されつつある背景として、ドライバーの時間外勤務、長時間拘束の問題があります。
インターネットが普及し、通信販売市場が拡大した結果、運送は常時稼働しています。重労働に加えて、人手不足を補填するために連続して勤務せざるを得ないこの状況では、事故を起こす危険性が非常に高くなってしまいます。

早めの導入がおすすめ

現在、長時間・長距離輸送に伴って事故件数がとくに多い積載重量の大きな車両から義務化を拡大していますが、タコグラフは業務の効率化にも有効なため、現在対象になっている車両以外にも有益です。
事故件数の減少という目標達成のため、国土交通省のデジタコ搭載の義務化水準は今後さらに厳しくなると予想されます。今後義務化が更に進むことを考えても、早めの導入をおすすめします。

不備があった場合の処分

常備していなかった場合

車両の稼働状況、運行中の安全、健康管理と業務の効率化を実現するためにタコグラフを常備することは非常に重要です。仮に運行記録計(タコグラフ)に不備があった場合、「運行記録系不備」とされ、違法行為にあたります。アナタコ(アナログタコグラフ)は記録用のチャート紙、デジタコであれば記録媒体であるSDカードが搭載されていなかった場合や時計の時刻がずれている場合に処罰の対象になります。交通違反の区分では一般違反行為(白キップ)です。

乗務時間の違反があった場合

2015年1月28日、札幌市に本社を置く運送事業者が30日間の事業停止処分を受けたという事例があります。これは、繰り返し労働基準監督署に拘束時間の改善を指導されていたにも関わらず、乗務時間の基準に著しく違反していたためです。
今後は警察の交通事故調査だけでなく、運輸支局の監査が行われる際に運行記録計(タコグラフ)や労働時間の調査が厳しくなり、大幅な超過に対してより厳格なペナルティが科されていくことになるでしょう。

デジタコは勤務管理にも効果を発揮

長時間労働の抑制

現状、トラックやバス、ハイヤー・タクシーの運転手や運送事業者は違法な長時間労働が多くなっています。こうした状況を監視し是正するという意味で、デジタコの導入は非常に有意義であると言えるでしょう。最近では運行管理や運行記録計(タコグラフ)は、ほぼアナログからデジタルに移行されつつあり、正確に計測されることによって運行中のデータが明確に表れるようになっています。デジタコを導入することで、これまで不透明だった車両の稼働時間をより正確に可視化することが可能になり、長時間労働を抑制することに繋がります。

残業代の請求がしやすい

運送業や運送事業は、長時間労働に伴って違法な未払い残業代が多い業種であるともいわれています。「1日8時間、1週40時間」を超えて勤務していても残業代が未払いの場合は、しっかりと不足分の残業代を請求すべきです。その際に残業時間は労働者が証明し、証拠が必要になります。そこで役立つのがデジタコの記録です。残業代を請求する際には、このような客観的証拠となる運行記録を保管している会社側に対して、開示請求することになります。デジタコには正確な車両の稼働時間が記録されているため、どれだけ超過しているかを一目で把握することができます。

まとめ

このようにデジタコは、運送事業者をはじめとした運転手の安全と権利を守ることができる非常に有益なツールといえます。

近年、ドラレコの普及が進んでいることに伴ってデジタコとの連携も進化しています。「エコドライブ管理システム」や、「動態管理システム」など、運行記録以外の管理システムも進みつつある状況であり、今後さらなる進化が予想されます。

現在は限られた重量の車両にのみ装着義務が適用されていますが、今後車両重量を問わず、車両を使用するすべての事業者にデジタコの搭載が義務化される可能性もあるでしょう。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト