コラム

トラックにドラレコを搭載するにはどうすれば良い?ポイントを解説

トラックへのドラレコ搭載ポイント

  • ドラレコ
  • 義務化
  • 安全
トラックにドラレコを搭載するにはどうすれば良い?ポイントを解説

長時間の運転業務をこなすことが多いトラック運転手とって、近年欠かすことのできないものとなっているのがドライブレコーダーです。最近ではトラックへの導入の義務化が噂されるなど、その必要性はとても大きなものであると言えるでしょう。今回はトラックにドライブレコーダー(以下ドラレコ)を搭載する際のポイントを紹介します。

ドライブレコーダーの種類

ドラレコには様々な機能があり、記録するタイミングなども型によって異なります。主な機能は運転中の画像や映像の記録ですが、ドラレコは大きく3種類に分けられます。

常時録画型

常時録画型ドライブレコーダーは、車両の動きに関係なく映像を記録し続けるタイプのドラレコです。モーションセンサーによって止まっている時に作動する駐車監視機能付きのものが多く、駐車中の事故や落書きなど、運転中以外の被害を少しでも減らすために搭載します。特にエンジンを停止する機会の多い短距離輸送用のトラックで効果が期待されます。

衝撃感知型

衝撃感知型ドライブレコーダーは、衝撃、異変を感知した際に自動で録画を開始するタイプのドラレコです。衝撃センサーで振動を感知するタイプと、モーションセンサーで周囲の動きを感知する2種類があります。
他の車両との接触可能性が高い一般道路や高速道路での走行、信号待ちでの衝突などの対策ができ、短距離・中長距離輸送用のトラックで効果が期待できます。

多機能型

多機能型ドライブレコーダーは、通常のドラレコの機能以外の機能も併せ持ったタイプです。
機種によっても異なりますが、カーナビやワンセグ、レーダー探知機などが一台に搭載されており、別の機器を取り付ける必要がなく、スペースに困ることもありません。Wi-Fiが搭載されているものもあり、とっさのときに録画した映像をスマートフォンなどにダウンロードして映像を確認することもできます。
さらに、ドラレコの視野角が広いため車体の真横まで録画することが可能です。こちらも短距離・中長距離いずれの輸送用トラックでも効果が期待できます。

トラックへの取り付け場所

ドラレコの画像や動画は、事故の過失割合に大きく影響してきます。これは事故発生時に、録画した画像や動画が物的証拠として力を発揮するからです。

トラックの前部と後部への取り付けがおすすめ

ドラレコの中には後続車接近を知らせるものや、追突防止補助の機能が付いたものがあり、どちらも車高が高く後方が見えづらいトラックに向いていると言えるでしょう。また、2つのカメラ映像を記録できる機能が搭載した製品もあり、前後部どちらにも取り付けることでより安心な走行を可能にします。

加害者側のケースでは前部への取り付けが◎

トラック事故の中でも事故件数が圧倒的に多いのが車両同士の事故です。トラックを運転する際には加害者にも被害者にもなり得る可能性があることを頭に入れておく必要があります。事故が起こった際、効果的な物的証拠となるように、ドラレコは車両の前部後部両方に取り付けるのが良いです。特にトラックが加害者となるケースの場合には、前部への取り付けが効果的でしょう。事故原因と向き合う必要がありますが、相手側に全く過失がないわけではないケースも稀に見られます。もしも加害者になってしまった場合、トラックの前面画映像が物的証拠として提出された際、過失割合の減少に有利に働く可能性があるため、トラックのフロントガラスやダッシュボードにドラレコを設置するのは効果的だと考えられます。

助成金制度について

国内で運行する全てのトラックに対してドラレコの搭載が義務付けられた場合、使用者の経済的負担が課題になってきます。しかし、ドラレコ導入コストを助成する制度は存在し、それによって経済的負担を軽減することが可能になります。
助成を行っているのは国土交通省と全日本トラック協会の2つで、どちらかの助成金制度を利用すれば導入コストを抑えることができます。

国土交通省による支援

国土交通省では、国土交通省大臣が認定しているモデルの映像記録型ドライブレコーダーとデジタル式運行記録計の搭載に対して助成を行っています。助成額はドラレコの車載器の場合2万円~5万円、事務所用管理機器に関しては最大13万円、対象事業所1社あたりの助成上限額は80万円です。申請には年度ごとに期限が設けられているため、注意が必要です。

全日本トラック協会による支援

全日本トラック協会が行っている助成は2万円が上限となっています。しかし支部によりケースが異なり、上限5万円として5分の4までの助成を行っている場合もあります。

まとめ

ドラレコをトラックに設置する際のポイントをご紹介しました。トラックは1日で多くの距離を走行する場合が多く、事故に巻き込まれる危険性が高まってしまいます。

国土交通省などが行っている助成金制度を利用し、ドラレコを搭載することによって事故処理の際に大きな効果を発揮するでしょう。前部への取り付けは必須、後部にも取り付けることでより安全性を高めることができます。

走行スタイルに合わせて、より効果のあるドライブレコーダーを選択することが必要です。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト