コラム

デジタコのクラウド化とは?業務をより効率化させる仕様について解説

デジタコのクラウド化

  • デジタコ
  • 効率化
  • クラウド化
デジタコのクラウド化とは?業務をより効率化させる仕様について解説

近年、運送業界は需要急増によるドライバー不足や燃料費の高騰などの問題に直面しています。また、配送の現場では安全運転の徹底や労務管理の適正化などが喫緊の課題として取りあげられています。業務を効率化しこれらの問題を解決する方法の一つとして、デジタルタコグラフ(以下デジタコ)をクラウド化する方法があります。

今回はデジタコのクラウド化について詳しく解説します。

デジタコのクラウド化とは?

クラウドとは、データをオンライン上に保管し、WEB上で必要な時に利用できるという考え方です。
デジタコにはいくつかの種類があり、様々な機能を併せ持つ機種も存在します。その中で特に注目したいのが、クラウド化されたデジタコです。

デジタコをクラウド化すると、車両走行中に記録した位置情報や稼働状況が、組み込まれた通信モジュールを介してインターネット上に蓄積し、いつでも確認することができます。

誰でも見られるわけではなく、IDやパスワードを設定することで社内の担当者だけが見ることができるので安心です。また、ソフトなどをダウンロードする必要がなく、インターネット環境が整っていれば導入後すぐに使用することができます。

デジタコをクラウド化するメリット(管理者側)

従来使用されていたカード型(ローカル型)デジタコは、記録された走行中のデータがSDカードなどのメモリーカードに保存され、車両が帰社してからパソコンに接続し、専用のソフトで確認するというタイプのものです。このデジタコでは運行管理者が運転手に対してリアルタイムで指導や安全管理を行うことができないという課題がありました。この課題を解決するために、クラウド型のデジタコが導入されつつあるのです。

正確な運行状況を把握できる

クラウド化されたデジタコは、リアルタイムで車両の位置情報が更新できることが最大のメリットです。カード型では毎日の終業時に確認せざるを得ない運行記録を、その場で確認し指示を出すことが可能になります。

配車状況を把握しやすい

クラウド化されることで現在どの車両がどの位置を走行しているか、リアルタイムで監視できるため、渋滞情報と合わせて回避ルートを伝えたり、急な依頼を受けた場合に即座に近くの車両を配車したりすることもできるため、業務の効率化も見込めます。

配送計画を効率的に制作できる

クラウドによって配送する際の計画を共有でき、作成から送信まで簡単に行うことができます。それによってより効率よく適切に配送することができます。 また、全営業所がネットワーク接続されるので営業所間で車両の状況が把握できます。空いた車両を忙しい営業所にサポートとして回すことで無駄な空車を増やさずに済み、業務をより円滑に進められるでしょう。

安全性の向上

クラウド化されたデジタコであれば、スピード超過など走行中の危険な運行や、停止後に急発進が見られるなどドライバーの異常に気がつくことができます。発見次第通知や注意喚起ができるため、交通事故の抑止に繋がります。
また、携帯電話を使わずにドライバーに連絡することが可能なため、安全性が向上します。

費用削減

デジタコを導入する際に費用の問題が障害になる場合も考えられます。クラウド化などの機能を併せ持つデジタコは、1台30万円程度と高額です。しかし、長い目で見るとデジタコの導入で費用の削減が実現できます。
クラウド化されることで走行距離が目に見えてわかるようになり、エコドライブに努めるドライバーが増加した結果、燃料費などの経費削減が実現したという事例もあります。
クラウド化による安全運転への意識が高まれば大きな事故の発生が減少し、それに伴う巨額な賠償金の心配もありません。業務効率化によって、全体の利益向上にも繋がります。
デジタコを導入する際に費用の問題が障害になる場合も考えられます。クラウド化などの機能を併せ持つデジタコは、1台30万円程度と高額です。しかし、長い目で見るとデジタコの導入で費用の削減が実現できます。

デジタコをクラウド化するメリット(ドライバー側)

日報が簡単に作成できる

クラウド化したデジタコが導入されると、クラウドセンターに収集されたデータを用いて日報、月報などを自動的に作成することができます。これにより業務負担が軽減されるため、ドライバーにとって大きなメリットであると言えるでしょう。

定期報告が不要

クラウドによって車両ごと、ドライバーごとの位置情報や運行状況が確認できるため、出発・到着などの定期報告が不要です。ドライバーが円滑に業務を行うことが可能になり、業務負担を軽減することができます。

運転評価の公平化

クラウドによって収集されたデータを用いて作成された評価レポートによって、各ドライバーの運転傾向を分析することができます。運転評価が基準化されることで公平な評価を受けることが可能です。

まとめ

クラウド化されたデジタコは、リアルタイムで運行状況を把握できるため従来のものと比較すると、管理者側とドライバー側の双方にメリットがあります。初期費用はそれなりに必要ですが、長期的な目で見ると業務の効率化によって費用削減や利益の向上を見込めるため、クラウド化には十分な価値があると言えるでしょう。近年では国土交通省による商用車のタコグラフ導入義務化が進められています。
デジタコを導入する際には、クラウド化されたデジタコの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト