コラム

ドライバーの安全を守り万が一の際の迅速な対応を
実現するドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダー導入のメリット

  • 安心・安全
  • 運行管理
  • 貸切バス義務化
ドライバーの安全を守り万が一の際の迅速な対応を実現するドライブレコーダーとは?

これまで運行管理担当者が業務中の状況を確認することは難しく、運行管理はドライバーが帰庫した後に提出するタコグラフを見ることでしか行うことができませんでした。しかし、これではドライバー、運行管理者ともに大きな負担がかかるうえ、業務中に万が一のことが起こった際の対応も後手になってしまいます。そこで、最近では多くの運送業者がドライブレコーダーの導入をすすめています。今回は、ドライバーの安全を守り、万が一の際にも迅速な対応を実現してくれるドライブレコーダーの概要、導入することのメリットをご紹介します。

ドライブレコーダーの機能と仕組み

最近、テレビや新聞のニュースでも頻繁に取り上げられているドライブレコーダー。運転中の速度や走行距離、エンジンの回転数などはタコグラフでも計測可能です。しかし、タコグラフはあくまでも運行管理を行うためのツールです。これに対し、ドライブレコーダーは運行管理ではなく、ドライバーの安全を守ることを目的としています。万が一のことが起きた際の分析も、データだけではなく動画でも確認できるため、企業としてドライバーを守るためにも重要なツールといえます。

しかし、ひと口にドライブレコーダーといっても、その機能や種類はさまざまで、具体的にどういったものかを把握することは容易ではありません。そこで、まずはそもそもドライブレコーダーとはどういったものなのか、その機能や仕組みをみていきます。

ドライブレコーダーというと、運転中の映像を録画するものと理解している方が多いでしょう。その認識は間違ってはいませんが、ドライブレコーダーには車が動いている間は常に録画しているものと、加速度センサーによって車に何かしらの衝撃が加わった際、または急激な速度アップ、もしく減速をした際の前後の映像を録画する2つのタイプがあります。最近では、2つの機能の両方を持ち、用途により使いわけができるタイプも登場しています。

録画はドライブレコーダー内蔵のメモリーに記録されますが、そのメモリー容量がいっぱいになれば、古い映像に新しい映像を上書きされるのが一般的です。ただし、事故が起きた際の映像が消去されては意味がありません。そのため、車に衝撃が加わった際の映像は内蔵のメモリーではなく、SDカードやコンパクトフラッシュなど外部媒体に移動して別に保存します。

運転中の映像録画のほか、ドライブレコーダーにはさまざまな機能をもった機種があります。たとえば、「音声の録音」「速度・GPSデータ」「静止画の撮影・保存」などが挙げられます。

ドライブレコーダーの種類

ドライブレコーダーの種類は、カメラと記録装置が一体となったタイプが主流です。これ以外にも、カメラと記録装置が分かれている分離型があり、この2つのタイプが一般的なドライブレコーダーの種類です。
他には、バックミラーに装着するルームミラー装着型などもあります。最近はコンパクト化が進んでいるうえ、ドライブレコーダーにカーナビやタコグラフなどの機能を付加したものが増加。これにより、車内がさまざまなツールで狭くなってしまうことを避けられます。

運送業者がドライブレコーダーを導入することのメリット

運送業者がドライブレコーダーを取り付けることによって、次のようなメリットが考えられます。

ドライバーの安全運転意識が高まる

ドライブレコーダーを取り付けていれば、前車とどのぐらい車間距離を空けて走っているのか、急発進、急停車をどの程度しているのかといったことが明確になります。ドライバーの安全運転への意識が高まり、結果として事故を軽減させることにつながります。

事故処理がスムーズに運ぶ

ドライバーが事故を起こしてしまった際、相手との争いが長期化することで、目に見えない損害も増えていきます。しかし、ドライブレコーダーを取り付けていれば、どちらに非があるかがすぐに明確になるため、短期間で事故処理をすすめられ、被害を最小限に抑えることが可能です。

万が一の際に備え早めのドライブレコーダー導入を

2017年12月、貸し切りバス(新車)へのドライブレコーダー装着が国土交通省により義務付けられました。そして、2019年12月からは新車に限らず貸し切りバス(新車)の登録車すべてに対してドライブレコーダー装着が義務付けされます。これにより、今後、早い段階でトラックや一般のバスへのドライブレコーダー装着が義務付けられることが予測できます。

実際に義務付けられてから導入を検討し始めるとなると、導入することが目的となってしまい、本来のドライブレコーダーが持つメリットを生かしきれないといったことにもなりえません。ドライブレコーダーのメリットを最大限に生かすためにも、ドライブレコーダーが持つ機能をしっかりと把握し、そのうえで少しでも早い段階での導入検討をおすすめします。

ITP-WebService V3

富士通デジタコ

ナビゲーション搭載モデル

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

グローバルモデル

お客様事例・FAQ

コラム

販売会社様向けサポートサイト