デジタルタコグラフ

Mobile Tracer-GⅢD(ドラレコ搭載モデル)

動画送信と画像認識技術により、安全・安心機能を大幅に強化。

DTS-D1D(ドラレコ搭載モデル)

92万画素のデジタルカメラを採用し、最大5台のカメラ撮映を実現。クラウドで動画を保存することで、ドライブレコーダーの新しい利用価値を提供します。

  1. Mobile Tracer-GⅢDの機能・特徴
  2. 導入までの流れ
  3. 導入価格

Mobile Tracer-GⅢDの機能・特徴

Point.1:急加速・急回転の検知・通知

  • 設定値を超えた急加速・急回転などの危険運転を検知すると、リアルタイムにITP-WebService V2 Globalで通知します。

    設定値を超えた急加速・急回転などの危険運転を検知すると、リアルタイムにITP-WebService V2 Globalで通知します。

Point.2:充実したドライブレコーダー機能

  • 高画質のデジタルカメラ(1ch)と、アナログカメラ(最大4ch)を用途に応じて組み合わせ頂けます。

    高画質のデジタルカメラ(1ch)と、アナログカメラ(最大4ch)を用途に応じて組み合わせ頂けます。

安全運転を支援

  • 鮮明な高画質デジタルカメラで先行車のナンバーも読み取れます

    鮮明な高画質デジタルカメラで先行車のナンバーも読み取れます。

  • 赤外線カメラで、夜間運行時でもドライバーの状態を見守れます

    赤外線カメラで、夜間運行時でもドライバーの状態を見守れます。

  • 路面状況や左右の巻き込み確認など、設置場所によって様々にご利用頂けます。

    路面状況や左右の巻き込み確認など、設置場所によって様々にご利用頂けます。

運行確認も便利に

  • 暗い荷室内でも、赤外線カメラで映像記録を残せます

    暗い荷室内でも、赤外線カメラで映像記録を残せます。

ITP-WebService V2 Globalでいつでも動画確認

  • クラウド型運行支援サービスITP-WebServiceで、デジタコで取得した動画をいつでも確認できます。

    クラウド型運行支援サービスITP-WebService V2 Globalで、デジタコで取得した動画をいつでも確認できます。

Point.3:見やすい大画面、簡単操作

  • 入力項目が見やすい大画面大きな操作ボタンで、手袋をしていても簡単操作

    入力項目が見やすい大画面。大きな操作ボタンで、手袋をしていても簡単操作。

ネットワーク型の仕組み

  • デジタコデータの送信

    デジタコデータの送信

    →↓

  • 運行情報をクラウドサーバーに保存

    運行情報を
    クラウドサーバーに保存

    →↓

  • リアルタイムに運行情報を確認

    リアルタイムに
    運行情報を確認

導入までの流れ

導入までの流れ

導入価格

導入には「本体価格」+「ITP-WebService V2 Global運用費」+「設置費」がかかります。
詳しくは下記にお問合せください。

お問合せ

TEL.045-476-4640

受付時間 平日9:00 ~ 17:00

メールでお問合せ

ITP-WebService V2

デジタルタコグラフ

ドラレコ搭載モデル

スタンダードモデル

ベーシックモデル

無線LANモデル

グローバルモデル

事例・FAQ

お問合せ

TEL.045-476-4640

受付時間 平日9:00 ~ 17:00

メールでお問合せ

販売会社様向けサポートサイト